バーチャル(デモ)とリアル

私が225(日経225先物取引)に出会ってから
10年近くになります。

そして、225関係のロジックの研究に
取りかかるようになって数年が経ちました。
一つのロジックが出来上がるまでの
経過をお話します。

 

まず、はじめにちょっとした気付きがあります。
たとえば、

「移動平均線でゴールデンクロスしたらエントリーして
±30円の指値をすると一日に1回はヒットするだろう。」

と気づいたとします。

すると、一定期間(大抵は1ヶ月間)それに沿ったデータを取ります。
その結果に有意性があれば、リアルで試行したりしながら
時間足を変えたり、エントリータイミングを変えたり、
指値を変えたりするなどで改良を重ねていきます。

このようにして、2ヶ月・3ヶ月と安定した成績が確認できれば
それは、一つのロジックが誕生したといえるでしょう。

ところで、
今「指値」の話が出ましたが、
225の場合、FXのようにOCOとかイフダンとかありませんので、
指値は手動でやるしかありません。

それが、バーチャルでやってる場合は、
チャートを見て、一応指値に達していればOKと判断しますが、
リアルでは、どうなるか分かりません。

もたもたしているうちに、
あっという間に動いてヒットできなかったりします。

やはり、こういうとき思うのです。
「自動ならばなあ。」と。

自動ならば、100分の1秒とか1000分の1秒とかの
スピードであっという間に逡巡なく約定してくれます。

また、自動ならば
注文のスピードが素早いだけでなく、
条件さえ合えば何回でも注文をしてくれます。

手動ではそうは行きません。
一日に10回も20回もトレードしていられません。
24時間眠らずぶっ続けでトレードなんてできません。
また、
手動の鈍さや回数の少なさだけでなく、
メンタル面で怖くなってしまうことがあります。

例えばロジックから言えば、
+30の買いサインが出ていたとします。

それが、なかなか+30に達しない。
それどころか、-50にもなってしまった。

これが、自動ならば「涼しい顔」(?)で
やり過ごすでしょうが、
生身のトレーダーは、つい損切りしてしまったりします。

案の定、その後戻して、+100にもなったなどということが
往々にして起こります。

このようなわけでも、
私は自動売買にあこがれるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中